カラコンのフチってどこ?

カラコンを販売しているサイトや、実店舗でカラコンのパッケージをみてみると「ふちあり、なし」と記載されているものがありますが、ふちとは一体どの部分なのでしょうか。
ふちとは、レンズの着色部の外側で、リング状になっている部分のことです。
このふちの着色部分が太いとより黒目部分を強調することができますし、色々な色やデザインのものが販売されています。
ブラックやブラウン系のカラコンの場合、ふちが太いものが多く、黒目部分をより大きく目立たせたいという方はフチが太目のデザインのものを選ぶと良いでしょう。
ブラック、ブラウン系のものでも、フチが細いものは太いものに比べるとあまり強調しすぎずナチュラルな目元にすることができますので学校やオフィスで使いたいという方にもおすすめです。
またカラコンにはレッド系、ブルー系など様々なカラーのものがありますよね。
カラー部分をしっかりと目立たせたいときにはフチが細めのものを選ぶと良いですし、瞳に立体的な輝きが欲しいという場合は太目のふちを選ぶと良いでしょう。
フチがただ太いだけのものや、ふちにも模様がついているものなど、様々な種類があり、太い方が良いか、それとも細い方がよいのかはその人の好みによっても異なりますので一概には言えません。
どういった目元になりたいのか、どういったタイプのものが好きなのか、色々なレンズを試してみてご自身に合ったものを使ったりTPOに合わせ数種類を使い分けるなど、カラコンの楽しみ方は人それぞれですのであなたのニーズに合わせたレンズをみつけましょう。

This entry was posted in 美容.